• 第2回キッズチャレンジショップ開催<子ども出店者募集!>

    こども店長大募集!お店屋さんをやってみませんか?

    昨年初めて開催した「キッズチャレンジショップ」。今年は季節を変えて開催します!

    自信がなくても「やってみたい!」という気持ちがあれば大丈夫です。

    昨年はたくさんの手作り品や、お下がり、手作りゲームが販売されました。

    売り上げた通貨は、お買い物に使ったり、特産品などに交換できます。

    <このイベントの趣旨>

    馬島では、2015年から子どもたちの成長につながることを願って 体験イベントをおこなっています。 

    大人からあれこれ言われて動くのではなく、 自分でやる!と決めたことに挑戦する時間。 

    そのとき、キラキラと、いきいきとしているはずです。 自発的な行動って素晴らしい力を秘めています。

    失敗してもいいんです。完璧じゃなくていいんです! 

    なにか足りないところがあれば、次への学びに繋がります。 やり遂げた達成感は自己肯定感へと繋がり 新しい事にチャレンジする力や自信につながるのではないかと考えます。 

    というわけで、このイベントでは、大人は口出しNGです! (第1回の保護者様からは、”準備が進んでいるか”、”忘れ物はないか”など 口出ししないのはすごく難しかったとお声いただきました。 でも参加された子どもたちは皆、自身のお店をしっかりとやり遂げました!) でも、子どもだけでは出来ないことも多いので、 ぜひともサポートをお願いいたします。

    <お申し込み>

    googleフォームよりお申し込みください。応募多数の場合は、抽選とさせていただきます。参加決定の場合、3月17日(日)にご連絡いたします。

    締め切り3月16日(土)

    第1回の様子はこちら

    <出店の注意事項>

    • キャラクターを使ったものは販売できません。(自分で考えたキャラクターはOKです)
    • 食べ物や飲み物は販売できません。
    • 渡船代が別途かかります。(往復160円)
  • 2024春のこどもキャンプ参加者募集!

    第11回
    うましまこどもキャンプ 参加者募集!

    瀬戸内の小さな島、馬島の豊かな自然のなかで、

    思い切りのびのび遊んでもらいたい!

    そんな想いから2015年にスタートしたうましまこどもキャンプです。

    馬島には、お店もない、学校もない、信号機もない、と

    ないないづくしですが、美しい自然がたくさんあります。

    110Mの小さな山、砂浜や石のごろごろした浜には、落ちている貝殻が違ったり、生えている植物が違ったり、鳥やカニ、ヤドカリなどもたくさん住んでいます。

    潮が引いた時だけいける無人島には、願いが叶う?スネークロック・・・などなど。

    山口大学トムソーヤーズ(こどもキャンプサークル)の皆さんにスタッフに入ってもらい、親からはなれて、こどもたちだけでキャンプをします。

    なるべく口出し、手出しせず、

    こどもたちが考える時間・やってみる時間を大切にしています。

    なかなか自由に外遊びが出来なくなっている現代の子供たち。

    馬島では、思い切り走ったり、大きな声で叫んだり。

    名も知らない花に心をよせたり。

    夕日がしずみゆくのを眺めたり。

    そんな時間は貴重な子ども時代の輝かしい思い出になるのではないでしょうか。

    馬島が、心のふるさとになればいいなぁと思っています。

    <日程>

    2024年3月27日(水)〜3月28日(木)1泊2日

    <内容>

    ・島の中での宝探し

    ・テント組み立て・テント泊

    ・野外炊飯

    竹の植木鉢づくり

    <場所>山口県田布施町馬島 のんびらんど うましま

    <対象>小学生・中学生 男女(新1年生をのぞく)

    <定員>42名(先着順)

    <参加費>ひとり 7500円

    (宿泊費・食費・保険代・渡船代含む)

    <応募方法>
    専用フォームより男女別にお申し込みください。
    *5〜6人前後の班を男女別でつくります*
    *お友達同士や、兄弟は
     別々の班にさせていただきたいと考えています*
    (他の子と打ち解ける時間ができにくい為。)
    ※初めての参加で不安な場合は一緒にさせていただく場合もあります。

    *こどもキャンプは、おかげさまで大人気のイベントとなっております。早く受付が終了する場合もございます。ご了承ください。

    男子の受付は終了しました!2/25

    <キャンセルについて> 体調不良・ご都合によるキャンセル料は下記の通りです。
    銀行振り込み手数料を差し引いて返金させていただきます。

    • 1週間前まで・・・参加費の0%。
    • 3日前まで・・・参加費の50%。
    • 前日キャンセル・・・参加費80%かかります。
    • 当日キャンセル・・・参加費100%かかります。

    <イベントが中止になった場合> 全額返金させていただきます。

  • 【重要】電話番号が変わりました

    皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
    平素は、のんびらんど・うましまをご愛顧いただきまして誠に有難うございます。

    令和6年2月より電話番号が変更になります。

    電話番号は09074167924(のんびらんど専用携帯番号)となります。

    今後とも何卒ご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

    のんびらんど・うましま管理人

     

  • 【重要】予約方法の変更のお知らせ

    皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
    平素は、のんびらんど・うましまをご愛顧いただきまして誠に有難うございます。

     

    令和6年2月より受付方法をWEB予約に変更いたします。

    ご予約日から3日前まではWEBで予約していただけます。

     

    前日や2日前のご予約・キャンセルにつきましては

    電話で承ります。

    電話番号は09074167924(のんびらんど専用携帯番号)となります。

    今後とも何卒ご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

     

    のんびらんど・うましま管理人

     

    WEB予約後に「利用許可申請書」のご提出が必要になります。

    当施設では、ご予約後「利用許可申請書」をご提出いただいております。

  • 【重要】施設利用料価格改定のお知らせ

    のんびらんど・うましまは、現在の施設利用料金を維持するために、これまで様々な面でコストダウンを図る努力をしてまいりましたが、エネルギー価格をはじめとする物価高騰により、施設を維持していくための諸経費が大幅に値上がりしており、従来の料金を維持することが困難な状況となりました。
     つきましては、誠に不本意ではございますが、2024年4月1日より、施設利用料金を改定させていただくこととしましたのでお知らせいたします。
     これからもお客様へのより良いサービスの提供に努力して参る所存です。
     誠に恐縮ではございますが、事情ご勘案のうえ、なにとぞご理解賜りますようお願い申し上げます。

    なお、2024年のGW期間につきましては 4月27日〜5月6日

    お盆期間につきましては8月10日〜8月18日、ハイシーズン料金とさせていただきます。

  • キャンプの持ち物リスト

    キャンプに行こう!と思い立ってもなにを用意したらいいか考えるのも一苦労ですよね。

    少しでもキャンプへのステップが軽くなるように、持ち物リストを作成してみました!

    (のんびらんどうましまでのキャンプじゃなくてもご利用いただけると思います!)

    キャビンに泊まる場合を想定しております。

    テントの場合は、これに テントやタープが必要になります。

    それぞれの家庭で必要なものは違うと思いますので

    これらにプラスしてみてください♪

    よいキャンプ時間を通して心の豊かな時間が送れますように♪

    上記リストにない、食器洗い用スポンジやタワシと洗剤は、のんびらんどうましま炊飯棟に備え付けてあります。

    また、火を起こして調理する場合は、キャビンのすぐ横にレンガのかまどがありますので

    焚き火台やBBQグリルは不要です。 BBQをされる場合の網はレンタルしています♪

    スタッフイチオシのレンタル品!

    食器セット

    紙コップ・紙皿を人数分買うのもいいですが、

    おすすめなのは、深みのあるブルーが素敵なホーロー製の食器セット。

    4人用 ¥330です。(人数分ご用意もできます。)

    紙製だと、汁物が染み込んできたり、風で飛んで行ったりしますし、

    毎回同じものは使えないので、毎回ゴミになってしまいます。

    焼いたお肉や、お湯で注ぐだけのスープをよそっても

    ワンランク上の料理にみえる効果も!

    というわけでとってもお勧めです!

    ツーバーナー

    キャンプといっても、朝から火をおこすのはちょっと大変です。そこでこちら。ツーバーナーという2口コンロ。お家でお鍋のときのカセットコンロと同じタイプのガスを使用してお外でクッキングができます。

    ホットサンドをしたり、コーヒーのお湯を沸かしたり。これがあればとっても気軽にキャンプができますよ!

  • チャレンジショップ開催レポート

    2023.11.19(日)

    第1回 キッズチャレンジショップ inうましま 無事開催できました。

    前日は船が欠航するという荒天に見舞われ準備の段取りが少し狂ってしまいましたが当日は風は強いものの、無事に開催することができました。

    このイベントでは小学4年生〜高校生まで、出店したい人を募集し合計16名の小学生達がお店を開いてくれました。

    説明会から1ヶ月半。その間、着々と準備をして挑んでくれました。

    出店した子どもたちはお店のOPENとしていた11時に、ばっちり開店することができました。

    手作りの小物を売るお店。丁寧に編まれた毛糸の商品。シーグラスや流木をつかった装飾品。レジンを使った小物。材料を組み合わせてアクセサリーをつくるお店もありました。描いた絵の販売もありました。

    それから人気だったのは、体験系のあるお店。射的やスタンプラリー、くじびきなど。ガチャや的当てもありました。それぞれのお店で看板や商品などを盛り上げるためのPOPなどが用意されており、なかには、お店のオリジナルキャラクターが「ご自由にお入りください」と言っているポスターまであり、掲示物にも工夫が凝らされていました。

    こちらからは、細かくなにも指示していないので、子どもたちが自分たちで必要なものを考えて用意しました。

    そのチカラにまずは驚らかされました。

    今回、このキッズチャレンジショップにおいて、説明会のときに「あまり口出ししない」ということを保護者様にお願いいたしました。「これはどうする?」「あれはやった?」と大人が先回りして失敗を遠ざけてあげることは多々あると思うのですが、このイベントでは、子どもたちの自主性に任せてください、失敗したり足りなかったりしてもそれこそが貴重な糧になるということで関わっていただきました。保護者さまの何人かとお話したのですが、「口を出さないこと」はとっても難しいことだったと声を揃えて言われました。でも、とても達成感あふれるいい顔をして帰ってきたとも教えてくださいました。

    (子どもたちだけでは出来ないこともあるので、そこはサポートをお願いします、ということもお伝えしていました)

    子どもたちの振り返りの内容を聞くと

    「お店のやり方が分かった」「お店って大変なのだな」「喜んでもらえて嬉しかった」「たくさんお客さんが来てくれて嬉しかった」「完売して嬉しい」「声かけしたのがよかった」「もっと商品を多くすればよかった」などの声があがりました。

    子どもたちは売り上げをお買い物に使ったり特産品などに交換し、最後は海辺で遊びながら帰路につきました。

    他の出店者様も今回新しく出来たご縁・今まで繋がっていたご縁で来てくださいました。

    キャンプ・海水浴以外で「馬島」に来ていただけるキッカケになったのではないかと思います。

    もうちょっとお天気が穏やかでしたらよかったですが・・・笑。

    第2回目も開催できるように色々進化してまいりたいと思います。

    関係者の皆様、ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました!

    来場者に描いていただいた、夢。素敵な夢見る木が完成しました!
    芝生の上のお食事コーナー。
    シーグラスアクセサリーのお店。子どもたちにとっても いい刺激になっていました!
    たぶせみんなの食堂によるフード販売。豚汁やカレーがおいしかったです!
    田布施農工高校 食品化学科のブース。 農工祭の翌日にもかかわらず、ありがとうございました!
    田布施農工高校 機械制御科のブース。 オリジナルのうましまキーホルダーが作れました。
    広島工業大学JCD うましまプロジェクトによるフォトフレームワークショップ。 石や貝とラインストーンの組み合わせが人気でした。スタンプラリーも実施してくださり、消しゴムハンコでつくられた4色の版でカラフルな絵が完成していました!
    広工大JCD うましまプロジェクトによるオリジナルベンチ。 上からみても横から見ても、波の形のベンチ。目にもやさしい優しい木のベンチ。 イベント後も海辺に設置していますので、ここでのんびりされるのもおすすめです!

    ありがとうございました!

    また開催する際は、またのんびらんどのHPなどで

    告知させていただきます。

  • キッズチャレンジショップ出店者募集!

    こども達に本気で取り組む体験をしてもらいたい。

    いまの社会では、失敗をしたことがない、苦い想いをしたことがない新社会人が増えていると聞きます。なんでも親が先回りして失敗を遠ざけてしまうからではないかと思います。 馬島では、2015年から「うましまこどもキャンプ」や「いちにちうましまであそぼう」、2019年から「しまっこ隊」を行なっています。共通しているのは「こどもたちによりよい体験をしてもらいたい」という想いです。 大人からあれこれ指図を受けるのではなく、自分でやりたいことに挑戦する時間。結果はどうであれ、その経験はなによりの糧になると思います。またやり抜くことで見えてくる課題(ふり返る力)や、やり遂げた達成感は自己肯定感へと繋がり今後の物事へのチャレンジする力や自信につながるのではないかと考えます。 というわけで、このイベントではこども達のお店については、大人は口出しNGです。

  • 麻里府港付近のご紹介

    田布施町の南西に位置し瀬戸内海に面しており、かつて廻船業や塩田で栄えた港町。海岸からは馬島をはじめとする瀬戸内の島々が一望できます。

    現在も漁業が盛んで、新鮮な海の幸がとれます。麻里府の山側から海へかけて流れる桜川の下流は鯉やハヤが泳ぎ、夏になると上流ではホタルの乱舞がみられます。